Languages
Mekong Delta

九龍川デルタはベトナムの最大の飯茶碗です。このエリアは川や運河や道路のシステムで接続される12省が含まれます。ほかの平野と違って、ここでは、穏やかな気温や非常に肥沃なシルトがありますので、メコンデルタの人は1年に3回、米を栽培することができます。

九龍川はベトナムに流れる時のメコン川のほかの名前です。長さの4350~4909キロメットルで(タイタン山に源泉を選択する位置によって)メコン川は世界で一つの一番長い川が見られ、この河川の流域に住んでいる1500万人位にとって、大切な水産物を提供する所です。

メコンデルタの人の生活は川で主なに行います。水上市場はこの地域の特徴です。ここで、米、魚、大豆、落花生、パイナップル、ココナッツ、バナナ、南瓜、ジャガイモ、西瓜、キャベツ、ドリアンとタバコ等の農産が販売されます。メコンデルタの一番大きな水上市場は
カントー(カイラン水上市場)、ミト、ソックチャンにあります。

メコンデルタから船とかフェリーとかで各島へ観光することが出来ます。ミトから果樹園が有名なコンウイ、コンダオ、コンランに行くことが出来ます。コンフンにオング・ダオ・ドゥア寺院があります。三年間にココナッツのみを食べることによって、生き残りました。

ここの河川数について正式な情報がありませんでしたがインターレースな運河システムでここの人々の生活に重要な役割を持っています。統計によると、毎年、南シナ
へ約80メートルを拡大しました。