Languages
Ho Chi Minh City

ホーチミン市はベトナムの一番最大な町です。人口は600万人位です。1976年に南部と北部が統一された後、サイゴン・チォーロンの名前はホーチミンに変更されました。19世紀末に広い大通りや壮麗な宮殿や壮大な別荘があります。

ホーチミン市では、ベンタイン市場、統一会堂、中央郵便局、聖母マリア教会、市民劇場等の有名な観光地がたくさんあります。その中に、一番好きな所は統一会堂です。次ぎは1200以上の衣服・靴・ハンドバッグ・飲食・お土産等のショップがあるベンタイン市場です。ホーチミン市へ来る時、ショッピングし、博物館、アートギャラリー、お寺を訪問することが出来ます、…

覚林寺は歴史的な木製の像がある一番最古の寺です。覚林寺の建築は南部の典型的なお寺と見られ、それぞれの壁に9つの木製の羅漢像が置いていま:欲、憎しみや失明を諦める仏神聖が座っています。全体の表面が「三」という字に沿って、正面に伝統的な家スタイルの2つの屋根、4本の柱があり、四柱と呼ばれています。一番貴重な現物は1757年に銅で九龍を刻んである像です。

発展経済中心のほかに、面白い観光地もあります。チャンネルシステムで接続されたメコンデルタの近くにありますので、水路で便利に移動させます。ホーチミン市からミトへボートで移動できて、ココナッツ島やヘビの農場に訪問することも出来ます。または、ホーチミン市の60キロメットル位の西北に向かって、地下に200キロメットル位の3階が含まれるクチトンネルシステムがあります。

カオダイ教のお寺は1927年にカオダイ教に従う人によって建てられました。ホーチミン市で最大な遺跡で、多い観光客も誘致する所です。これはベトナムでの唯一の宗教です。
ホーチミン市は経済の自由化政策によって、強力に発展できて、東南アジアの経済中心になったことがあります。そして「極東の真珠」と呼ばれました。