Languages
Sa Pa

サパはベトナムの最高なファンシパン岳とともに美しくて小さな村ですー「インドシナの屋根」とも呼ばれます。多分、Lac Long QuanとAu Coは曇と霧等の美しく神秘的な景色に会ったそうです。伝説によると、天から来た天使 Au Co と、海から来た龍 Lac Long Quan の子孫だそうです。結婚したあと、Au Co は子供を産み、それは百の卵をなかに含む巨大なものだったそうで、現在のベトナムの人の祖先と見られます。

サパは全体の北西の山の貿易中心です。ここでは、県民が交換に持ってくる物品は自身の生み出したものです。サパに来る機会があれば、親切な地元の人々の日常生活を感じます。
モン族と赤いミャオ族はサパだけでなく、周辺の二つの一番多い少数民族です。モン族の人は青い・黒い服を着ていますが赤いミャオ族の人は(赤い)派手な色の服を着ています。二つの民族とも、腕、指、首、耳などに銀の指輪やネックレスをします。飾る物として宝石を使っていますが、病気・悪魔に対抗可能性を信じています。

ベトナムのほかの地域と同じ、北の山とラオカイ省でそれぞれの少数民族が独自の地域、言語、およびお祭りがありますので、人種や宗教の中に土地、リソースに関する戦争が起きてありませんでした。総計によると、毎年、ここでの全て少数民族の20つの正式なお祭りが行っているそうです。

毎朝、サパの道路や村はしばしば霧に覆われています。霜を消えさせる太陽光が照って始まる時に一日の新しい仕事を開始する時点です。そのような瞬間はサパに来たことがある観光客にとって、確かに忘れない記念です。