Languages
Nha Trang

フランス植民地時代から、ニャチャンの海岸がとても有名で多い観光客を誘致しました。、ほかの海岸に比べて、地中海の気候に似ている気候のおかげで、国際的な観光地になるように発展しています。

タップバの塔は10人のユニバースのポーナガル母神に応じています。チャム少数民族にとって、ポーナガル母神は生産可能神、シヴァ神の妻、ここの人々に繊維を、米を植えることを教えました。愛想のいい人ですから、ポーナガル母神の塔を訪問に行く観光客である訳です。

チャム族の特徴な踊りが有名でした。ニャチャンで船員、漁師、農業、他の職業などの仕事をするチャム人がたくさんいます。5世紀から、この地域を設立した人と言われました。

また、1886年にロン・ソンという寺が建てられましたが1900年に嵐で破壊されて、旧位置に残さないです。その後、お坊さんが今ような安全な位置に建てらせました。でも、ベトナム戦争時代に全く破壊され、再度建てられました。

ニャチャン海岸は水泳、ダイビング、ボート、サーフィンなどのスポーツにに適当な所です。ここでは人に住んでいない島がありますので、エコロジー旅行発展のための良い潜在です。

ニャチャンの島に6キロメットルのビーチがあります。海岸に沿って街がにぎやかです。ほかの観光地と違って、海岸の近くに街がありますので、もっと多い観光客を誘致ことができました。