Languages
Hue

フエは中部にあり、143年間位に(1802年~1945年)ベトナムの首都でした。ベトナム戦争と時代を経るにつれて、履歴遺跡がたんまりに損害されました。

現在、香川の両側の回復された街によって、元々の美しさをますます取り返しています。フエは300軒のお寺以上にベトナムで一つの大きな仏教センターが見られます。

19世紀に阮朝によって、11キロメット位の壁のシステムで囲まれる宮殿が建てられました。Tu Cam Thanhはフエ観光の特徴な所で、1993年からUNESCOに世界遺産として認められました。Tu Cam Thanhのホールに最初の9人の王様を象徴する9つの香炉が置いてあります。

フエでファン・ボイ・チャウの記念館に建てられました。1912年に革命家ファン・ボイ・チャウ(1802年~1940年)はベトナムの主権に復元し、フランス植民地を立ち退かされるように越南維新会とベトナム民主共和国を結成しました。

香川のキムロンの近くにフエの一番古いティエンムー寺があります。仏教の「生まれ変わり」を象徴する7階があります。それに、伝説によると、昔、毎晩 赤いシャツ、緑スカートを着たおばあさんがお寺の現代の位置に歩いて、「ここに山河を長く守るように寺院を設定する人がいます」と言いました。言ったたびに、消えたそうです。ある日、グエンホアン王子がトゥアンホアに来て、地方住民の話を聞いた後、ここにお寺を建設させて、ティエンムー寺という名前を付けました。

フエの一番綺麗・ロマンチックのは香川のおかげで、この川の名前については二つの説明し方がある:春になると、川の両側に花、木の香りがするそうです。ほかに、香川は川上から流れる香りを持つ花という川だそうです。