Languages
Hoi An

ホイアンは1999年にUNESCOの世界文化遺産として登録されました。以前に、ホイアンは豊かな歴史を持つにぎやかな港でした。紀元前にも、アラビアやイランや中国とインドの商船がThu Bon 川に商売する為に来た。

現在まで2000年を超えているホイアンは東南アジアで最古の東南アジアの都市です。日本橋は商売エリア及び住宅街の日本と中国一緒に接続した。ある伝説によると、日本で多くの地震が発生した怪物のせいで日本橋を建設された。怪物は頭がインドにあり、尻尾が日本にあり、心臓がホイアンにあります。石の柱がある橋を建設ことはこの怪物の心臓に剣を入れる目的です。

こちらの特徴文化はCham文化です。1500年以上後に残った遺跡はミーソンに聖地です。その時点に、世界にこんなスタイルのような寺院を建設・真似る人はいないです。それで、ミーソンという聖地の特徴です。現在、ホイ・アンの東の45キロメットルへ向かい、70以上の寺院などの残っています。

五行山は高度の100メットルでの大理石で形成された5つの山の名前です。フエンコン洞窟がある山水山は一番高い山です。

ホイアンの街にデーラー、ハタオリドリ、木彫り、陶芸、ライト生産等の手工芸品店があります。ベトナム会社のためのホイアンの街の4の1分は静かで快適なところです。経営時間は常に朝に行っています。

Thu Bon川に沖積層から成っていたので、ホイアンはまだ繁栄な港都市ではありません。 18世紀から、ホイアンの代わりに、ダダナンに物品が輸送されました。ホイアンの人々の親切な性格によって、観光客を誘致します。