Languages
religions and lifestyle

ベトナムの人口が81パセント位は宗教に従いませんが祖先崇拝が真剣に行っています。神様、超自然的な力または祖先を信じます。

ベトナムで仏教の信者が一番多いです。仏教の哲理は、常に良いことを考えることと私利がないことをする人間に助けています。総合性のほかに、陰陽調和は一つの特徴の農業思考スタイルであり、ベトナムの仏教に大幅に影響し、女らしさになっています。

ベトナムで回教の信者が少ない、5万人位です。ほとんどの回教の信者はチャム人です。ベトナム文化に合わせて回教の規則が変更されました。毎週、金曜日に祈りを行うことになりました。そして、イスラムの祝日の断食30日間は3日間に短縮された。

二番目の信者が多いのはイギリス教です。16世紀にフランスの船員はベトナムにイギリス教を広めた人であり、その後、植民地時代に信者数が増えています。今まで、全国に教会数が6千軒で、信者数が600万人にのぼっています。

カオ・ダイ教についてはNgo Van Chieuさんによって、南部に成立されました。(彼は1878年2月28日にビンタイー、チォ・ロンで生まれました)。イエスキリスト、仏陀のほかに、ヴィクトルユゴーやウィンストンチャーチルでも聖人として崇拝されています。現在、約1,5万人の信者がいます。この宗教はベトナム南部のみで広まっています。