Languages
land and population

ベトナムの国と人々

ベトナムの国と人々は美しくて、多様な絵です。長い時間に北方の敵(中国)を戦った後、10世紀から独立を取ることが出来ます。

850万人の人口があり、54つの民族が含まれ、88パセントがキン族であり、二番目の多い民族が華族、120万人くらいです。その上、タイ、クメール、チャムの族等の少数民族がいます。これこそ、ベトナムの文化・言語に多様性を作り出します。

ほとんどのベトナム人は農業で農村地域に住んでいます。現在、世界での各地と同じ、ハノイ、ホーチミン市、メコンデルタなどの大きな町に移行速度が高くなりました。

5千キロメットルの水路、3260キロメットルの鉄道、20万キロメットルの道路でかなり便利な交通システムがありますがベトナムの交通機関が狭いので、雨季になると、常に中断されています。

ベトナムは1980年のはじめに、世界に交流し、大切な転機は1989年から旧ロシアが正式に解散された期間です。集中計画的な経済から市場志向的な経済に変更してから、ベトナムは投資と国際的な観光客のため、ますます魅力的な国になっています。